BUSTERS HIGH!

リニューアルしたよー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

the pillows presents “ Born in The ' 60s Tour” 大阪 BIG CAT(9/30)

20101004.jpg

行ってきた!

結局、トモフスキーとコレクターズの予習をほとんどしないまま嫁と会場へ。
70番台とかなりの良番だったけど、さすがに妊婦と前列に行くのは危険なので、上手後方で待機。

※以下、ネタバレありです。


トモフスキーとコレクターズは曲名がわからないのでセットリストはありません。すいません。

まずはTOMOVSKY。
のっけからテンション高くて、気さくでキュートな人だったなー。
曲は『スキップ』『スポンジマン』がグッときた。

MC抜粋
ベースの温之さん以外は20代の女性メンバーということで、「このツアーに参加するバンドの中で一番平均年齢が若いです」。
メンバー紹介で温之さんを紹介する際に「セレブ兄弟の2代巨頭といえば大木兄弟かヒルトン姉妹ですからね」。


続いてTHE COLLECTORS。
加藤さんのオーラが凄かったなー。
何というか、ワンピースなら確実にバックに「ドン!」という文字がデカデカと入りそうなレベル。
『Nick!Nick!Nick!』『青春ミラー』かっこ良かった!

MC抜粋
ゼンジー北京のような出立ちの加藤さん「大阪ではこんなに人が入ったことがありません。原因は多分この服」。
「こないだライブ終わって、この衣装のまま家に帰ったんだけど、近所の人に「法事の帰りですか?」と言われました」。
「さっき、さわおくんとすれ違ったときに「予想以上」と言われました」。


そして、いよいよthe pillows登場!

セットリスト
====================================
01.プロポーズ
02.Mr.Droopy
03.Degeneration
04.I know you
05.Ladybird girl
06.Movement
07.Ninny
08.Please Mr.Lostman
09.その未来は今
10.No Surrender

アンコール
Primer Beat
LITTLE BUSTERS
====================================


2月のあの事件のことがまだ頭にあって正直、不安もまだありました。
そしたら案の定\マナベサンギターウマーイ/といった訳の分からない掛け声に会場がざわめき、さわおさんが「…あの、不穏な空気作るのやめてくれない?」と一蹴。
それが効いたのか、その後のMCでは掛け声が一切飛ばなくなった。
…これはこれでちょっと不気味ではあったなぁ。

新曲『Movement』やっと聴くことができた!
会報で「アルバム制作中」と書いてあったから、てっきりそれに入るものだと思っていたけど、「12月1日に新曲が出ます!」とまさかのシングルリリース。
曲の感じはキレキレの『Ladybird girl』という印象かな。(これのいつ前にレディバやってたせいもあると思うけど)
ライブの定番曲になりそうな予感。

MC抜粋(さわおさん…さPeeちゃん…Pシンちゃん…シ淳さん…淳)

さ「この前、渋谷やって今日2回目だけど、いやー楽しい!トモフスキーとコレクターズ裏で観てたんだけど、勝てる気がしない!」

さ「夜10時頃に大阪に着いて、タクシーに乗ったら運転手に「お仕事ですか?」って聞かれて、「まぁ、そうです」って答えたんだ。そしたら「IT関係ですか?」って言われて。「違います」って答えたら「ほら、最近の若い人はIT関係多いじゃないですか」って。最近の若い人は…最近の若い人は…(笑)「僕、そんなに若くないですよ」って言ったら「でも40はいってないでしょう」って(笑)1万円渡して釣りはいらないよって言おうと思ったけどやめておいた。大阪はいい街です」


メンバー紹介。
淳「今回は僕が一番年下です。最後まで楽しんでください」

P「ツア-始まってまだ2日目ですけど、凄く楽しいです!僕もタクシーに乗って来たんですけど、運転手さんにお釣りをちょろまかされそうになりました。大阪は怖い街です(笑)」

シ「2日目なのに楽しいって言うとウソみたいですね(笑)僕も淳とタクシーに乗ったんですけど…ね!」
淳「ずっと東京と大阪の天気の話してたからね」
シ「あとBIG STEPの場所が分からないって地図開いてたよ。カーナビじゃなくて地図!」

"おじさん"について
さ「おじさんって一体何歳からなのかな?ちょっと10代の子、手を挙げて。…じゃあ、そこのイケメンの君!あ、まだ言わないで。思い浮かべた年齢に2を足して答えて。…38?そうか。俺もそう思う(笑)」

さ「20代の頃は40でロックやってるなんて思ってもいなかったし、実際居なかったんじゃないかな。SMAPも40前だよね?でもSMAPはおじさんじゃないだろう」

さ「今回のツアーを一緒に回っている怒髪天、コレクターズ、ピーズトモフスキーは結成当時から知っている素敵なバンドで、俺は今全く不安じゃない!」


アンコールのリトバスでは加藤さんと大木兄弟もステージに上がって、大いに盛り上げてくれました。
あんな40代になりたいと心底思った素敵なライブでした。

帰り際、物販の所ではトモフスキーさんが販促活動していた!
本当に気さくな人なんだなぁと思いながら会場を後にしました。

心配していた嫁も元気で何より。
とりあえず、これで嫁のバスターズ活動は一時休止。
娘(予定)が大きくなったら、3人で必ずライブへ行こう!必ず!
人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。