BUSTERS HIGH!

リニューアルしたよー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

the pillows Wake up! Tour 大阪・Zepp Osaka(ちょっとネタバレ)

「Wake up! Tour」の大阪ラスト。
会場は昨年のミスチルとの対バンツアー「Mr. Children & the pillows new big bang tour~This is Hybrid Innocent~」以来約1年ぶりとなるZepp大阪。
月日が経つのは早いもので。

今回は激務の為、簡易レポです。
時間ができたらこっそり書き直します。
※以下、ネタバレを含みますので、他の会場へ行かれる方は読まない方が賢明かもしれません。

セットリスト=================================================
01.Wake up! dodo
02.Skinny Blues
03.I know you
04.Dead Stock Paradise
05.プロポーズ
06.空中レジスター
07.Ladybird girl
08.シリアス・プラン
09.プライベート・キングダム
10.つよがり
11.Swanky Street
12.MY FOOT
13.Black Sheep
14.BOAT HOUSE
15.GIRLS DON'T CRY
16.その未来は今
17.サード アイ
18.Century Creepers(Voice of the Proteus)
19.プレジャー・ソング
20.LITTLE BUSTERS
21.YOUNGSTER(Kent Arrow)
22.ROCK'N'ROLL SINNERS

アンコール1
Ride on shooting star
スケアクロウ
Sweet Baggy Days

アンコール2
ハイブリッドレインボウ
=================================================
大まかな内容は前回とほぼ同じ。(そもそも前回は追加公演でこっちが本公演なので本来なら逆に言うべきなんだけどね)

今までは真ん中辺りで観ていたけど、今回は初めて最前のゾーンへ。
やはり最前ともなると、始まる前からより一層ピリピリした空気が張りつめている。

そして開演。

一斉に前へと押し寄せる。
「Wake up! dodo」の演奏とともに始まるモッシュ(押し合い)。
激しいものだと予想はできたけど、ここまでとは…。
勢い余って押される分には全然かまわないんだけど、約1名に後ろから"悪意のある押され方"をされて嫌だったなー。
結局、後ろに押しのけられてしまった。
更にそいつは前に居たお兄さんにも体当たりしてたけどどうも怒らせたようで、逆に押し返されてどこかへ行ってしまったけど。
こういうのって、このゾーンでは日常茶飯事のことなんでしょうか?
女々しい僕にはどうも向かないかもしれません。

1曲目終了の時点でもうヘロヘロ。
こんな調子で最後までいけるのかなと不安になってしまったけど、3曲目が終わったあたりからランナーズハイならぬ『バスターズハイ』になってきて疲れなんかいつの間にか消えていた。(ちなみに4曲目あたりからはモッシュゾーンからは少し離れて観てた)

会場に着く前に今日は何を歌うのか予想してて「『Dead Stock Paradise』あたり歌わないかなー」とか思っていたら、本当に歌った!
大変だ!さわおが僕の心を覗き見している!!(錯乱)

やっぱり巨大バスターくんは何度見ても興奮したなぁ。
近くで見るとより一層迫力があった。

やっぱり『スケアクロウ』前のMCは感動した。
「俺たちには誓いの握手なんかは必要ない。なぜなら俺たちの気持ちはいつも同じ方を向いているから」
こういうことをここまで断言できる人が他にいるだろうか。
本当にメンバーを信じているから、例えお金を返さなくても、離婚(笑)をしてしまっても、共に歩んで来れたんだろう。
そしてこれからも、同じ気持ちで20周年、25周年、30周年(!)と突っ走ってくれるだろう。

改めて、素敵なバンドに出会えたことに感謝したい。
本当に良い夜だった。
次は12月だから少し間が空くなぁ。



とりあえず、仕事に専念します。ひーん!
人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。