BUSTERS HIGH!

リニューアルしたよー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

ジークジオン!!!

2008-4-15.jpg

先週、仕事で2日間名古屋へ出張してきたんだ。
仕事が終わった後に先輩に連れられてガンダムバー『サイド3』へ行った。

店に入るなり「おかえりなさいませ!ご主人様ども!」と理不尽な迎えられ方をされる。

店内はカウンター席と座敷が一席という割とこじんまりとしたもの。
しかし、その空間に所狭しとガンダムのプラモやらフィギュアやらがずらずらと。
どれも自分たちで作ったか、お客さんの差し入れらしい。
お店のテレビモニタではガンダムのアニメDVDを放映。

メニューもガンダムにちなんだ名前で、ビールは『百式』、フライドポテトならぬ『ブライトポテト』などどれも凝ったもの。

『東方不敗』というカクテルを出される時に店長…もとい艦長が、
艦「答えよドモォ~~ン!流派東方不敗は!」
僕「お…王者の風よ!」
艦「全新!」
僕「系列!」
二人「「天破侠乱!見よ!東方は赤く燃えている~~~~~!!!!!」」
艦「…はい、ど~ぞ♪」
僕「あ、ども」

わからない人の為に簡単に説明すると、これは『機動武闘伝Gガンダム』という作品の主人公とその師匠のお決まりの挨拶なんですよ。
『東方不敗』を頼む度にこれをやってくれるらしい。
やり終えた後に店内から拍手が巻き起こってちょっと嬉しかったり。

あまりのはしゃぎっぷりに先輩らも「よしまさがこんなヤツだったなんて…」とドン引き。
普段おとなしい人ほど、出るところに出れば豹変するものなんだね。


せっかくなので2日目の夜も新幹線の時間ギリギリまで行くことにした。
先輩はバイクで帰ってしまったので今度は一人で。

正直一人では心細かったけど、店に入ったら一瞬でそんな気持ちが吹き飛んだ。
また『東方不敗』を注文して上記のかけ合いをやったり、『スターダスト・メモリー』を注文した時(だったかな?)にガトーの「ソロモンよ!私は帰ってきた!」の口上を二人でやったりと、本当に気のいい艦長で嬉しかった。

昨日からここで働いているとカクテルマイスターくんと、たまたま隣りに座っていた会社帰りののお兄さんが武者頑駄無好き&ボンボン読者ということで、ちょっと意気投合。
ボンボン読者に悪い人はいないね!(独断と偏見)

そんなこんなで電車の時間。
あまりに急ぎすぎてお金払わずに出そうになったりしたけど(本当にごめんなさい!)、艦長と再会を誓い、熱い抱擁を交わして一路、駅へ。
本当に時間がなかったから、お土産買えなかったー。ひーん。

実はこういうところに行ったことってほとんどないんだよね。(メイド喫茶も未経験)
ましてや、こうやってお店の人やお客さんと話すのも初めてで、それが凄く新鮮で楽しかった。
機会があればまた行きたい!

え、大阪にも似た様なガンダムバーがあるだと?
それも今度行ってみよう。
人気ブログランキングへ
こんばんは、ご無沙汰です。GWに名古屋に行くのですが(ナイスタイミング☆)是非この店にも行ってみたいです。お店名とか教えてもらえますか?
Pillowsのアルバム&ライブ楽しみですね!でも、僕の場合まずむちうちを治さないと・・・(笑)
[ 2008/04/16 00:37 ] [ 編集 ]
>すわっとさん
店名は「サイド3」ですよ。
名古屋駅を出てビックカメラのある方をまっすぐ歩いていけば見つかると思います。
楽しんできてくださいね^^
これから夏にかけてピロウズが熱くなってきますね。
僕も今のうちから体調整えておかないと^^
[ 2008/04/16 10:10 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。「サイド3」ですね。いかにもっていう店名ですね(笑)探して行ってみます。
[ 2008/04/17 21:23 ] [ 編集 ]
なんて素敵なバーなんだ…!!
ソロモンの悪夢の名台詞まで…!!
大人になったらぜひとも行ってみたいです(笑)
[ 2008/04/19 16:51 ] [ 編集 ]
>すわっとさん
ビールを注文するときは「百式」と言わないと怒られるのでご注意を^^
>天弥さん
何かふると必ず何か返してくれるのでとても楽しいですよ^^
お客さんもいい大人のくせにやってる事は小学生レベルですからね(褒め言葉
"年齢的に"大人になったら是非^^
[ 2008/04/20 17:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。