BUSTERS HIGH!

リニューアルしたよー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

MY FOOT TOUR in なんばHatch

4月15日、the pillows『MY FOOT TOUR』へ行ってきました。

ネタバレ全開ですので東京公演に行かれる方はなるべく読まないことをおすすめします。

今回は気合いを入れるためツアーTシャツを購入。
で、2階へ上るとCDの販売が。
そこで、アルバムを購入した人に先着でメンバーのサイン色紙プレゼントと言うから思わず買ってしまいました。どれが誰のサインかさっぱりわかりません…。
シャツに着替えて会場の真ん中あたりにスタンバイ。

そして、いよいよ開演!

うろ覚えセットリスト(間違えていたら指摘お願いします。)
======================================
1.MARCH OF THE GOD
2.ROCK'N'ROLL SINNERS
3.ノンフィクション
4.Degeneration
5.Hello,Welcome to Bubbletown's Happy Zoo
6.Ride on shooting star
7.空中レジスター
8.Mighty lovers
9.プロポーズ(新曲!)
10.My Beautiful Sun(Irene)
11.I know you
12.My girl(Document Version)
13.彼女は今日、
14.さよならユニバース
15.ストレンジ カメレオン
16.MY FOOT
17.サードアイ
18.その未来は今
19.Gazelle city

(アンコール)
Funny Bunny(弾き語りバージョン)
Dead Stock Paradise
Another Morning

(Wアンコール)
ハイブリッド レインボウ
======================================

今回もしょっぱなから飛ばしすぎたため、『空中レジスター』あたりでもうやばかったです。
何度か手がつりました。
しかし、何度観ても聴いても(ってまだ2度目ですが)生演奏ってのはいいもんですね。
真鍋さんの腰振りも相変わらず素敵でした。

このツアーで初お披露目の新曲『プロポーズ』。
「また、ふざけた曲作っちゃった」とさわおさんも言うように、確かに『パトリシア』のようなベタベタなラブソングではないですね。
曲の感じとしてはノンフィクションに近いですね。
ちょっと気に入ってしまったので今から楽しみです。

MCも相変わらず絶好調。
今回のツアーでサポメンの淳さんは「丸太がマッチ棒になっちゃった」というくらい痩せたらしい。
と、いうのもさわおさんが『ダイエット令』を出していたからだとか。
さわおさん曰く「うちの『ぽっちゃり席』は一つしかないから」
直後に、ドラム席に座る佐藤"ぽっちゃり"シンイチロウさんにライトアップ。
「すぐにライトアップするの止めてくれる?」
この席は彼にこそ似合う。

ライブも後半、『My girl』『彼女は今日、』『さよならユニバース』『ストレンジカメレオン』としっとり系4連チャンできた後さわおさんが、

「ストレンジカメレオンを作っていた頃は、10年後こんなにいい気分でいられるとは思わなかった。 みんな俺たちのことを…好きになってくれてありがとう。感謝してる。…残念だけど世の中は純粋に出来てなくて。でもその中に絶対に信じられる人はいて、それが…希望になる。俺たちは絶対に世の中に負けたりしないぜ!じゃあ、一番新しい希望の歌を…」

『MY FOOT』

「好きになってくれてありがとう」
感謝を言いたいのはこっちの方だ。
好きにならせてくれてありがとう!

驚かされたのがアンコール。
散々アンコールをしてもなかなか出てこなくて、どうしたのかなと思っていると突然みんな後ろを振り向きだす。
何だ?と思って振り向くと、何と音響の席(?)にアコギ抱えてさわおさん登場!!
一体どこから!?と会場がパニックになっているのを見てニッコリ笑って、
「あ~王様の~…♪」
と『Funny Bunny』を弾き語り。
サビに入ると会場全体で大合唱。
何なんだ、このステキな空間は。
粋じゃないか!

歌い終わるとまたどこへともなく消え、メンバーの待つステージへ。
『Dead Stock Paradise』を歌った後、
「『MY FOOT TOUR』、いい気分で終われそうだ。気分が良いやつは一緒に歌ってくれ」
と、『Another Morning』 を熱唱。

そして再びメンバーが去ると、『MY FOOT』が流れ出す。
待っていましたとばかりに会場全員で大合唱。

そして、やっぱり彼らは三たび来てくれた!

「じゃあ、君たちの聞きたい歌を……Can you feel!?」

『ハイブリッド レインボウ』

泣いた。
泣きながら叫んだ。
彼らは手加減というものを知らないのか。
このツアーの全ての会場でこんなノリだとしたなら、失礼な言い方かもしれないがバケモノすぎている。
進化することしか知らないモンスター。
改めて僕はこのモンスターをずっと追いかけたいと思った。

次回は夏頃かな?
今回も軽く筋肉痛とかになってしまったので、ちょっと体力つけておこう…。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。